前の歯医者で○○された、○○やられた!

      2017/05/07

前の歯医者で○○された、○○やられた!

前の歯医者に、

『いっぱい削られて…』

『神経ぬかれて…』

『何本も抜かれて…』

『歯石とられて…』

などなど、

まるで被害にでもあったかのように、

お話をされる方がいらっしゃいます。

前の歯医者で○○された、○○やられた!

 

 

でもね、どの歯医者も、

けっしてあなたに危害を加えるつもりなんてありません。

いつもあなたのためを思っています。

あなたの事を考えて、治療したのだと思います。

じゃあ、なんで、そうなるのか?

 

 

 

<説明不足>

これは、一般的にそう言われています。

それは確かだと思いますが、

それだけなんでしょうか?

本当に患者さんが嫌がっているのに

ムリヤリ治療したのでしょうか?

 

 

多くの歯医者は説明してるはず

前の歯医者で○○された、○○やられた!

 

たいていの歯医者は、

患者さんの今の状態を説明し、

どういう治療になるかを説明し、

おおむねの治療の見通しなども

ちゃんと説明していると思うのです。

 

 

患者さんは、すべては、わからない

前の歯医者で○○された、○○やられた!

 

しかし、患者さんからすれば、

理解できるところ、

なんとな~くわかるところ、

あんまりわからないところ、

サッパリわからないところ、

これらが、ごちゃまぜになっているのです。

歯医者にとっては、すごく簡単なことでも、

患者さんからすれば、ほとんどがわかっていません。

 

 

すぐに忘れます

前の歯医者で○○された、○○やられた!

そんなレベルでは、家に帰ったら忘れてしまいます。

いや、家に帰る途中にも忘れてしまいます。

もしかすると、さっきまでわかっていたのに、

治療途中に???と、なっているのかもしれません。

 

そうなんです。

人間、だれでも、どんなことでも、

専門分野の事は当たり前のようにわかりますが、

そうでない分野は、わかってもすぐに忘れるものです。

 

 

 

エビングハウスの忘却曲線って知ってますか?

1時間たったら半分わすれて、

1日たったら70%も忘れるんです。

 

 

歯医者で聞いたことなんて、

すぐに忘れると思いませんか?

 

 

では、どうすればいいか

ここからは、私からの提案です。

もちろん、歯医者が患者さんに対して、

キチッと説明するのは大前提です。

 

 

一度、よ~く考える

前の歯医者で○○された、○○やられた!

いま、ものすごく痛くてどうしようもない、

という状態でなければ、

一回、家に持ち帰ってよく考えてから、

治療を受けるのもアリだと思います。

初診日は説明だけしてもらって、

治療はあとで受けるのもいいかもしれません。

まぁ、これは歯医者だけではなく、

これ!イイ!っ、と、思って買い物をして、

あとで後悔しないようにすることと、

似ているかもしれませんね。

 

 

説明内容を文字にする

前の歯医者で○○された、○○やられた!

あとで、もう一度見直せるように、

歯医者に簡単なコメントをもらうとか、

自分でメモをとっておくといいかもしれません。

一応、歯医者にことわってから、

ボイスレコーダーに録音するのもアリかも。

それを歯医者に言うのは勇気がいると思うけど…。

 

 

何回も同じことを質問する

それでもわからなかったり、

忘れてしまうのはフツーなことです。

あなたは歯医者じゃないんですから。

新しい疑問が生まれているのかもしれませんし。

でもそのまま、治療を受けたら、

お互いに嫌な思いをするかもしれません。

そんな時は、治療を始める予定の日に行ったとしても、

もう一度説明を聞きなおしましょう。

あなたが暗記してしまうまで聞きなおしましょう。

何もかも納得した上なら、

 

○○された!

 

とはならないはずです。

 

 

 

 

どうでしょうか。

まぁ、今日書いた内容は、

『時間ないから、サッサと早くして!』

『まかせるから、パッパと終わらせて!』

と、お考えの患者さんには、

全く関係のない話で、スミマセンでした。

読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 思い