院長理念

 

 

 

もし、歯科医師である私が、患者として診てもらうなら…

 

 

痛くないように治療してほしい。

詳しく説明をしてほしい。

時間をかけて、ていねいに治療をしてほしい。

長持ちするように治してほしい。

これからもずっと自分の歯をチェックしてほしい。

そう願います。

 

 

自分がしてもらいたいことを、他の人にもする。

 

これが、私の理念です。

 

私の理念は、私が研修を受けた、フロリダ州マイアミにある

The Pankey Institute の生みの親、Dr. Pankey の教えでもあります。

 

以下は、そのフロリダ州マイアミにある The Pankey Instituteで

エクセプショナルデンティストリー研究会のメンバーと研修を受けた時の写真です。

 

 

 

 

 

もし、歯科医師である私が、患者として診てもらうなら…

 

痛くないように治療してほしい。

詳しく説明をしてほしい。

時間をかけて、ていねいに治療をしてほしい。

長持ちするように治してほしい。

これからもずっと自分の歯をチェックしてほしい。

そう願います。

 

 

そのために、私が行なっていること、

そして、私の想いを書きたいと思います。

長文になりますので、お時間のある時に、

ごゆっくり目を通していただけましたら幸いです。

 

 

 

 

痛くないように治療してほしい。

痛くしないように、麻酔をすることがありますが、

しかし、痛くしないための麻酔が痛くては意味がありません。

吉田歯科では麻酔をする前に、麻酔の針を刺す前に、

麻酔薬のしみこんだシールを歯ぐきに貼ります。

時間をかけてゆっくりと優しくていねいに麻酔をするので、

麻酔中も、もちろん治療中も、痛みを感じることはありません。

どうぞご安心ください。

 

 

 

詳しく説明をしてほしい。

今まで、あなたが受けてきた『治療』と呼んでいる行為は、

じつは… 悪くなった部分を『修理』しているだけなのです。

 

では、どうすればいいのでしょう?

 

まず、あなたのお口が、なぜ今のようになってしまったのか、

なぜ、痛くなったのか、を、きちんと調べる必要があります。

どのように治すか、は、それからの話です。

私は、十分に時間をかけて、お口の中をしっかりと調べます。

わかりやすいように、画像を見てもらいながら説明しています。

何をどうするか、どう治すか、は、それからです。

もちろん、治療の方法や、材質も大切ですが、

いい材料や、いい技術を用いるのは、あたり前の話です。

本当の意味での『治療』とは、悪くなった原因を調べ、

あなたご自身にも、その原因を知っていただき、

その原因を取りのぞいた上で、治療を進めなければなりません。

 

 

 

時間をかけて、ていねいに治療してほしい。

治療の品質は、治療に時間をかければかけるほど上がります

時間をかけてゆっくり治療することで、良い治療結果が生まれます。

短い時間でサッサと治療して、良い治療ができるわけがありません。

また、複数の治療台にいる患者さんを掛け持ちで治療して、

あなただけに集中できるわけがありません。

私は、常にお一人だけに集中して、

充分な時間をかけて、ていねいに治療しています。

 

 

 

長持ちするように治してほしい。

多くの歯科医院が ‘保証期間’ を設けています。

10年保証!と聞けば、安心できるイメージですが、

でも、本当にそれで安心ですか?

 

悪くなったところを修理するために、

『保険ならコレですが、良いモノは保険外です!』

と、保険外の良いモノを売って、その良いモノを保証する。

 

 

これでは歯医者は ただのモノ売り です。

私は、モノ売り ではありません。

 

 

私が売っているものは何か? と、聞かれれば、

それは『時間』と『技術』そして、『患者さんを想う心』です。

 

 

長期にわたり快適にお過ごしいただくために、

わたしが治療に全力を尽くすのは当然のことです。

そして、患者さんが、ご自身で健康を維持できますように、

そのサポートやアドバイスを完璧に行っていくことこそが、

私の重要な責務だと考えています。

 

 

 

これからもずっと自分の歯をチェックしてほしい。

もちろんです!

私は一度ご縁のあった患者さんとは、

生涯おつきあいするつもりで拝見しておりますし、

実際に、患者さんにもそのようにお伝えしています。

虫歯や歯周病だけがトラブルではありません。

日常生活や日々の悩みなども、お口のトラブルにつながります。

定期的なメンテナンスで、初期のうちに変化をとらえ、

再治療を防ぐことも、私の責務だと思っています。

 

 

 

以上、このような医療を提供するために

平成28年から”自由診療” の専門クリニックに変更いたしました。

 

 

 

では、なぜ ”自由診療” なのでしょう?

日本では、ほとんどの方々が、

社会保険か国民健康保険に加入しています。

緊急な重病や事故や大けがでも、誰でも治療を受けることができる、

世界には存在しない、誇れる素晴らしい制度です。

しかし、歯科保険治療の実情とは、

治療の技術や品質、また、治療にかけた時間やていねいさ、

そして治療の結果に関わらず、治療費は全国一律です。

言い換えれば、新人でもベテランでも、誰が治療しても、

時間をかけて、キッチリ完璧に治療しても、

てきとうに手を抜いて、サッサと治療しても、

治療費は同じですよ、という制度です。

 

 

わかりやすく言えば、

回転寿司でマグロ寿司を食べても、

家族の手巻き寿司でマグロ寿司を食べても、

コンビニで買った添加物入りのマグロ寿司を食べても、

漁師が釣ってきた鮮度の抜群のマグロ寿司を食べても、

一見さんお断りの会員制のお寿司屋さんで、

寿司職人が テマ ヒマ をかけた高級マグロ寿司を食べても、

マグロ寿司はマグロ寿司なので、どれを食べても値段は同じですよ、

 

というような制度なのです。

 

保険制度における保険治療とは、

老眼のすすんだ高齢の先生が治療しても、20年目のベテランが治療しても、

5年目の先生が治療しても、卒業直後の研修医が治療しても同じ金額です。

さらに驚くことに、日本の保険制度における歯科治療の価値、価格は、

アメリカの約10分の1という安い価値、価格なのです。

技術を磨くために、研修や実習に費やした時間や努力など、

保険の診療報酬には全く関係ありません。

表面だけではわからない、患者さんが抱えている本当の悩みや思いを、

たくさん時間をかけて、親身になって患者さんからお話を聴いたとしても、

保険の診療報酬には全く反映されません。

 

どの歯医者でも決められた順番で、決められた治療をするように決まっていて、

日本全国一律、同じ金額です。

しかも他の先進国に比べて、極めて低い値段、価値基準です。

このような制度のもとでは、ゆっくりと患者さんの話を聞き、

最新の知識と高度な治療テクニックを使って、

目の前の患者さんのために、時間をかけて全力で治療する、

ということが、非常に難しい状況にあります。

 

また、日本の歯科教育では、予防法は教わりません。

 

かみ合わせの重要性も教わりません。

ですから、患者さんに予防方法を説明することや、

かみあわせの治療は、保険治療には存在しません。

教えているのは、今現在の状態を診断して、

どう削って、どう埋めるか、どうかぶせるか、ばかりです。

 

 

 

言い換えれば、患者さんにていねいに予防法を説明したり、

かみ合わせの治療を一生懸命行っても、無収入です。

予防法やかみ合わせについて、一生懸命勉強して、

無収入でもボランティアで頑張る先生も

中にはいらっしゃるのかもしれませんが、

私は、一度も出会ったことはありません。

これでは、予防方法を説明しながら、

ていねいにに時間をかけて治療するよりも、

手早く決められた手順で、たくさんの人数を診るしかなく、

かぶせ物や詰め物を『白い歯』にしたほうがいいですよ、

と、ススめる歯科医院が増えるのは当然です。

 

 

自由診療は、“きれいな白い歯” ではありません。

自由診療は、“セラミック” でもありません。

自由診療は、“インプラント” でもありません。

自由診療とは、高度な『技術』と『品質』と、

患者さんとのコミュニケーションのための『時間』そのものです。

 

患者さんの話をサラッと聞き流して治療しても、

毎回ゆっくりと患者さんの想いを聴きながら治療しても、

時間をかけて、キッチリ完璧に治療しても、

てきとうに手を抜いて、サッサと治療しても、

どのように治療を行なっても、極めて低い全国共通価格だとしたら、

医院を経営していくには、時間、技術、材料などの、何かを削るしかありません。

 

大学を卒業してからもお金をかけて勉強し、

技術を磨いて何年も経験を積み、最高品質の治療をすればするほど、

たくさんの時間をかけて、ていねいに患者さんと話をすればするほど、

大きな赤字になってしまいます。

 

しかし一般の方々は、そのようなことを知るすべもありません。

 

また、我々はこのような現状をハッキリと患者さんに伝えらません。

保険で安く治療する歯医者ほど、良心的だと思われるからです。

保険以外の治療を勧める歯医者は、悪徳だと思われるからです。

 

 

本当に患者さんのことを、家族のように想って寄り添いたい歯医者ほど悩んでいます。

患者さんにとって最善の治療をしようと、情熱を注ぐ良心的な歯医者ほど悩んでいます。

なぜなら、そういう歯医者は、良心的な歯科医師を演じながら、

本心とは異なる歯科治療を、毎日毎日繰り返すわけですから。

 

 

緊急時でも、誰でも安く処置が受けられるという点では、

決して、全て保険が悪い、とは言いません。

 

 

しかしながら、私が第一に考えるべきことは、

ゆっくり時間をかけて、真摯に患者さんの想いを聴き、

患者さんに寄り添い続けることだと思います。

 

 

逆の立場だったら、私はそうされたいし、

私の家族にもそうしてほしい。

私の両親にもそうしてほしい。

 

 

しかし、残念ながら現在の保険制度のもとでは、

それを実行しようにも現実的でないことは、

歯科医師なら誰もが理解しているはずです。

 

 

ですから吉田歯科クリニックが保険を扱わない理由は、

決して白い歯を売りたいからでも、

インプラントを勧めたいからでも、

矯正治療がしたいからでもありません。

高額な治療機器を使うからでもありません。

目の前にいらっしゃる患者さんを、自分のことと同様に考えて拝見する、

 

すなわち、私の理念である、

 

自分がしてもらいたいことを、他の人にもする。

 

それを行なっていくためには、

どうしても自由診療でなければ実行できません。

 

 

自分がしてもらいたいことを、他の人にしてあげなさい。

 

これは、私が研修したフロリダ州マイアミにある

The Pankey Institute の生みの親、Dr. L.D.Pankey の教えでもあります。

 

 

みなさまに、健康であることの喜び、を感じていただき、

何でも美味しく食べられる幸せを感じながら、

大きな笑顔で自信を持って生活していただけることを、

私は何よりも願っています。

 

 

 

吉田幸司

 

 

 

 

 

 

 

 

公開日:
最終更新日:2019/09/14