自由診療を専門にしている理由

 

 

歯の修理屋ではなく、 

歯の健康を守る専門家として、

すべての患者さんにベストを尽くす、

そんな当たり前のことが、保険治療では行えないからです。

 

患者さんと歯医者という立場ではなく、

ここを家だと思っていただき、

大切なお客さんをおもてなしするように接する、

そんな当たり前のことが、保険治療では行えないからです。

 

 

これまで私は20年間、保険診療を行ってきました。

5台並んだチェアに患者さんを座らせ、同時に何人もの患者さんを診る。

当然、1人の患者さんに関わる時間は少なくせざるを得ませんでした。

それは、「削って詰めていくら」という

本来の医療とはかけ離れたビジネスの世界でした。

「1人でも多くの歯科難民を助けたい」という

当初の情熱がだんだんと薄れていき、

「こんなことをするために私は歯医者になったのか?」

と毎日疑問に思っていましたが、

でも、その一方で「しょうがない」というあきらめもありました。

 

そんな時です。

自由診療の教室があることを知り、

興味を持った私はそこに通い始め、

そこで「自由診療の診療哲学」の話を聞いた瞬間、

全身に衝撃が走り、「これだ!」と思いました。

いてもたってもいられなくなった私は、

その源流である Dr. Pankey の「自由診療の診療哲学」を教わりに、

フロリダ州マイアミにあるThe Pankey Institute で研修を受け、

2015年より吉田歯科を自由診療へ移行させて参りました。

そして2020年、自由診療専門医院へ移転改装し、

患者さんと歯医者という立場ではなく、

大切なお客さんをおもてなしするように努めている次第です。

 

 

これからも、単に歯を修理するのではなく、

歯の健康を守る専門家として、

患者さんが健康で豊かな人生を送っていただくために

全力を尽くしたいと思っています。

あなたときちんと向き合い、お見積もりをさせていただいています。

一人でいらっしゃるのに不安や抵抗がありましたら、

まずは、ご家族やご友人と一緒にご相談にいらしてください。

みなさまに、健康であることの喜び、を感じていただき、

何でも美味しく食べられる幸せを感じながら、

大きな笑顔で自信を持って生活していただけることを、

私は何よりも願っています。

 

 

 

 

 

 

吉田幸司

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公開日:
最終更新日:2021/06/05