コロナ第三波

      2020/11/16

コロナ第三波

それにしてもやっかいなコロナウィルス…

ただの風邪だ、とまでは言いませんが、

厳密に言えば「特定の人たちにハイリスクな風邪」

と、僕は考えています。

連日のニュースばかりをずっと見ていれば、怖くなる心境もわかりますが、

それほど世間が騒ぐほどの凶悪なウィルスではない、

と、多くの方々に理解されているのも事実だと思います。

 

そして、理由はわかりませんが、「日本人」にとって、

コロナのリスクはかなり低い、のも事実です。

 

でも、ほとんどの人々は、このコロナに振り回されているわけです。

いわゆる コロナショック とでも言いましょうか…

一方で、このコロナショックは、様々なことを考えさせられるきっかけにもなりました。

「政治」のあり方「学校教育」のあり方「家族」とは「仕事」とは…etc

 

これからも続く「アフターコロナ時代」

コロナの存在よりも、コロナをきっかけとして生まれる議論や、

様々な変化への対応が必要になると思っています。

 

 

政府が多くの補助金や助成金を出し、また貸付をしたことで、

多くの人が失業し、大恐慌時代時代がやってくるかもしれません。

もしかしたら多くの人々の被害者意識が高まり、そしてパニックになり、

全ての責任を政府に求める国民が増え、その結果、

知らぬ間に、国民が政府に管理される世界がやってくるかもしれません。

 

 

家族の絆や子供の教育はどうなるの?働き方は?

マクロ的な意味でも、ミクロ的な意味でも、

今までの固定観念や既成概念に囚われずに、

これまでと生き方を変えること が求められるのではないでしょうか。

 

 

 

たかがコロナ、されどコロナ。

これからの時代に備える意味で、

コロナは「きっかけ」になるような気がします。

 

 

 

 

 

 

 - 思い, 未分類