小さい虫歯は絶対に削っちゃダメ!

   

小さい虫歯は絶対に削っちゃダメ!

「何とか歯を残したい」

そんな気持ちでこまめに歯医者に行き、

「まだ虫歯がちいさなうちに治してもらおう」

と、はやめはやめに歯を削る治療を受ける人が多い。

 

 

 

しかし、一度歯を削ってしまうと、

二度と元には戻らない。

しかも削って埋めた部分は、

何度も何度も虫歯が再発したり、

歯そのものが弱くなってしまうことをご存じですか?

 

 

 

これは、患者さんから聞いた話です。

以前通っていた歯医者で歯を削られたら、

すぐにまた虫歯になってしまった。

だから大きく削って詰めたら、

今度は痛みがひどくなったので、

神経をぬきました。

そしたら今度は歯の根っこがダメになり、

次に行った歯医者では、

『抜歯してインプラントにするしかない』

と言われました…

 

 

こんな話もあります。

子供の頃から虫歯になったことはなかったけど、

大人になってから、口臭予防のために、

歯垢を取ってもらおうと歯医者に行った。

すると、『虫歯があるから削ったほうがいい』と言われ、

そのまま歯を削られた。しかしその後、

同じ場所に何度も虫歯ができるようになり、

さらにそこから虫歯が広がり、

ついには歯を抜くはめになってしまった。

この患者さんは、歯を削ったことを、

すごく後悔していました。

このような話は、これまでに、

他の患者さんからもたくさん聞いてきました。

 

 

 

 

 

歯医者は、まず小さな虫歯を見つけます。

 

そして

 

削って

 

 

詰めます。

こうやって見ると、はやめはやめに治した方がいい、

って、みなさん思うんです。

でもじつは、ぜんぜん違うんです。

詳しくはコチラを参考に沿て下さい

http://free-dentist.com/not-over/

 

話を元にもどしますね。

歯を削ったことにより虫歯が悪化したり、

歯が痛くなってくると、

次に歯医者は「神経を抜く」

という治療の選択肢を提示します。

しかし、神経を抜けば、

状況は悪化の一途をたどることになります。

神経を抜く治療の詳しい説明は

コチラ➡http://free-dentist.com/root-canal/

 

 

なんで、こんな不可解な事が起こるのか?

それを簡単にご説明しましょう。

虫歯になった部分を高速の歯医者の機械で削ると、

歯の表面のエナメル質に、『マイクロクラック』

という小さなヒビが無数に入ります。

このヒビから、エナメル質と、

その下にある『象牙質』の間に細菌が入り込みます。

すると、歯の外側からではなく、

歯の内側から虫歯になってしまいます。

こうなると、詰め物をしても、

歯の内部に細菌が残るので、

詰め物の下で虫歯菌が繁殖します。

これが小さい虫歯を削ってはいけない理由です。

 

 

それと、もう一つ。

 

 

私は、治療において『神経を抜く』

ということは、選択肢に入れていません。

それだけ大変なことだからです。

歯のなかには『歯髄』という組織があります。

皆さんが『神経』と呼ぶのはその『歯髄』のことです。

『歯髄』には神経や血管が流れ、

細胞がぎっしり詰まっています。

『神経を抜く』とは、この『歯髄』を、

ゴリゴリと根こそぎ取り除いてしまうことです。

神経を抜く治療の詳しい説明は

コチラ➡http://free-dentist.com/root-canal/

歯髄は、ミネラルなどを歯に運び、

歯を健康に保っています。

歯髄があると、虫歯ができても、

歯の組織を変化させたり、修復したり出来ますが、

神経を抜いて『歯髄』を失うと、歯は死んでしまいます。

歯髄があるからこそ、歯に水分が供給され、

歯の弾力性が保たれ、割れにくく、

欠けにくい状態に保たれています。

神経を抜くと、それらが失われてしまう。

要するに神経を抜いてしまえば、

歯に栄養が行きわたらなくなり、

もはや抜歯へのカウントダウンが始まるのです。

そして1本歯を抜くと、ほかの歯にも影響が及びます。

歯を1本抜くと、歯を支えるあごの骨が、

『もうここに歯はない』と認識し、周囲も崩れ始め、

抜いた歯の周囲の歯もグラグラになっていきます。

1本くらいなら、なくなっても大丈夫、

とは思わないでください。

次々と歯を失うことなりますから。

 

 

 

 

歯を削らずに済む治療法はたくさんあります。

ところが、ほとんどの歯医者は、

そのような方法をあまり紹介しません。

患者の小さなむし歯を、せっせと削って埋めます。

恥ずかしいのですが、

わたしにもそういう時期がありました。

現在の日本の医療保険制度では、

虫歯を削れば歯医者の収入になるけれど、

何もしなければ収入になりません。

虫歯になる理由や、歯にならない方法、

虫歯の進行を防ぐ方法などを、

一生懸命に説明をしても、収入にはつながりません。

そのため、治療の必要のない歯でも、

削ってしまう歯医者は、残念ながら存在します。

私も、これまでに勤務した歯医者で、

『君の時給分は削ってくれ』

『君の固定給分だけは点数を稼いでくれ』

と、面接で指示されたこともあります。

 

日本の現在の保険治療体制は、「削る治療」です。

その現在の日本の保険治療体制こそが、

歯を失う要因の一つになっていると私は考えます。

何も考えていない歯医者の間違った知識で、

あなたの歯が安易に削られない事を願っています。

 

 

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 虫歯